買取られた全日空株主優待券を一般ユーザーが使っても大丈夫?

店舗に買取ってもらった全日空株主優待券を一般消費者が使用するときに使用できないなんてケースあるのでしょうか。

とある方に投げかけられた質問を調査してみました。

確かに一般的にはその株式を保有している方を対象に企業が特別配当として配布している株主優待券なので、使用するのに制限とかあるんじゃないの?と思いますよね。

今回全日空株主優待券を例にとって調査してみます。

2014年下期までに発行されている全日空株主優待券は、スクラッチなしの通常の券を使用していました。

これなら購入する際に、券に記載されている番号を記入し購入、搭乗する際に見せるだけで良いので、特別な手続きは一切必要なく一般消費者も気兼ねなく利用可能です。

しかし2015年からはスクラッチ式を採用し、今まで表記されていなかった株主優待番号も記載されているそうです。

しかし、利用方法は以前と同じ購入の時に使用するだけで、違う点としては今まで搭乗時に回収されていたものが、回収されなくなったという点のみです。

個人的な感想ですが、スクラッチ式採用でより秘匿性が上がり、利用しやすくなった印象を受けます。

2015年もそろそろ全国的に買取られた全日空株主優待券が出回る時期になってきました。

みなさんもより利用しやすくなった優待券を利用して「ローコスト・ハイクオリティ」な空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

買取られた全日空株主優待券の販売価格相場はどれくらい

友人の結婚式や、急な遠方への移動で想定外に飛行機を利用せざるを得なくなったこともある方は多いのではないでしょうか?「普通ならそんなの遠くて行けないけど、親友のためなら・・・」などと考えて、高額な飛行機の航空券を購入するはめに・・・なんてことありますよね。

なんとか安く移動する方法はないものでしょうか。

そこで目をつけたのが、昨今市場に出回っている「空の格安購入チケット」と呼ばれる航空会社の株主優待券でした。

昨今海外LCC(格安航空)の参入により非常に安価に航空券を購入可能になり、飛行機での移動が身近なものになりましたよね。

とはいえ、まだまだ価格としては新幹線に比べれば高額であったり、時期を狙うことが困難なケースもよくあります。

更にLCCは全てが有料でサービスもいまいち。

やはり、日本の老舗航空会社を利用したいという方も多いですよね。

例えば、大手航空会社の全日空株主優待券を使えば、国内移動は半分の価格で利用することができるんですよ。

今回はこの全日空株主優待券の市場買取/販売価格調査を行ってみました。

インターネットを使って調べてみると、意外と2,000円台前半で買取できるようです。

買取された全日空株主優待券の利用法

これなら手の届く範囲ですよね。

買取で急な出費を安くおさえてみてはいかがでしょうか。


Comments are closed.